骨粗鬆症

簡単カルシウム料理

骨が喜ぶごはんの主役はやっぱりカルシウム。

「骨」の栄養といえばカルシウム。なのに「過食・飽食」の現代の日本人に唯一不足している栄養素がカルシウムだなんて……これでは私たちの「骨」が危険にさらされているのも当然!おいしい「骨食」で楽しくカルシウムを摂りましょう。
(監修/本田佳子先生:女子栄養大学 栄養学部 教授)

レシピバックナンバーへリンク


今月のお献立
カルシウムを効率よく吸収するためにはビタミンDを一緒にとることが有効です。骨のためにはカルシウムが豊富な食材を使ったお献立にビタミンDを含む食材をプラスしてみてはいかがでしょう、参考メニュー(材料のみ表示)も含めたお献立トータルのカロリー、カルシウム量も表示しています。
今月のお献立(2品)
ピーマンのしらすいため
チーズ入り大豆コロッケ
カロリー:515kcal
カルシウム:203mg
カルシウム食材:しらす、チーズ
献立のポイント
短時間で料理でき、色彩も鮮やかで、しかも低カロリーなのに牛乳200ccなみのカルシウムがとれ、ビタミンDも豊富ですので高い吸収率が期待できます。

 
カルシウム吸収UPのために~カルシウムとビタミンDの話
カルシウムに強くなろう
こんなにあります。カルシウム
カルシウム200mgをとるために
カルシウム吸収UPのために
ビタミンD3って知ってる?
カルシウム吸収にはビタミンD
ビタミンDは皮膚でつくられる!
食品からビタミンDをとるには
ビタミン・ミネラルの使用状況(国民栄養調査より)
※掲載のメニューはrichbone.comのために各シェフが作ってくださったオリジナルメニューです。シェフのお店では出していないものもございますのでご了承ください。
持病のある方、食事制限のある方などは、このメニューの調理の際にも専門家(医師、栄養士など)の指導をお受けください。カロリーや塩分などが問題となることがあります。 ヘルシーのイラスト
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai