転倒・骨折・介護予防のために。転倒予防について

こんな人が転びやすい〜外反母趾の人〜

自分の足にあった靴をはいていますか?

日本では外反母趾の女性がとても多いと言われていますが、高齢になると男女を問わず多くの人が外反母趾になっています。外反母趾では靴が足にあたって歩きにくいばかりでなく、足指、足全体をしっかり動かすことが出来ません。また足の感覚も弱くなってしまうので、体全体の機能が保てず、転びやすくなります。
外反母趾とは足の親指が内側に「く」の字に曲がった状態ですが、実は、足の親指の付け根の関節から、体の中心軸に対して母趾の先端が離れて変形をきたす足の障害です。足がこのように変形するにはかなり長い時間がかかるものです。その間に足の運動機能と感覚機能が次第に衰えてくるために、足に起きている異常にも鈍感になって、知らない間に外反母趾になっていたという人が多いようです。



足には縦(長さ)と横(幅)方向に2つのアーチがあり、体を支えています。正しい靴を履いていないと、だんだんこのアーチが下がり疲れやすくなります。この結果、偏平足、開張足、外反母趾を引き起こします。このような足になってしまった場合、靴の中敷きなどで調整をし、自分の足に合うようにしなければなりません。
このように足が変形しないためにも、自分の足にあった靴を選ぶことは転ばないための工夫です。


( 監修 / 武藤芳照:日体大総合研究所 所長、東京大学 名誉教授 )
協力:暮しの手帖社, 後援:日本骨粗鬆症学会 C yutakanahone-suishin-iinkai