転倒・骨折・介護予防のために。転倒予防について

転ばないための日常の工夫 〜しっかり歩こう〜

立ったり、歩いたりするときに使われる主な筋肉は太ももとお腹の筋肉です。正しい姿勢でしっかり歩くことで、太ももとお腹の筋肉が刺激されて、これらの筋力が保持されます。
歩幅を広げるためには、「大股で歩くこと」を意識するよりも、「出した足を強く後ろに蹴る」ことがポイントになります。
いつもより少しだけ大きな歩幅で歩いてみませんか?
無理せず、正しい姿勢で歩いていると、とても若々しく、いきいきとして見えます。

歩いている図
●歩き方のポイント ・ 目線は進行方向に向けて、視野を広く
・ 歩幅を少し広めに
・ 着地はかかとから
・ 足先で地面をける
・ テンポ良く(腕は自然に触れるように)


( 監修 / 武藤芳照:日体大総合研究所 所長、東京大学 名誉教授 )
協力:暮しの手帖社, 後援:日本骨粗鬆症学会 C yutakanahone-suishin-iinkai