骨粗鬆症

骨粗鬆症は治療したら治るの?年代別治療方法

人の骨量は年齢と共に変化します。特に閉経期以降は骨の状態が加齢によって徐々に減少しますので治療する目的も方法も異なっていきます。従って、薬剤の特徴と年代による骨の状態から、基本的な治療方法を考える必要があります。

20歳未満で骨量が少ないことが分かった場合

まだまだ骨量を増やすことが出来ます。しかし、病気が原因で骨が減少している場合もありますので、それをまず検査します。特に最近は過剰な「やせ願望」からタンパク質などの栄養素の摂取が不足している女性が増えています。また日常十分な食事をせずに、サプリメントで対処しようとして予期せぬ体調不良を経験することもあります。毎日の食事や運動、またその内容を吟味することも大切です。
この時期におすすめの治療
カルシウムやビタミンの摂取のみにとどまらず適切なカロリー、栄養素摂取とともに適度な運動習慣を身につけ継続することが大事です。食事の栄養素に関しても正しく理解をすることが重要です。

20代~40代なのに骨量が少ない場合

年齢より骨量が減少していたら多くの場合に多少なりとも不安を感じるようです。しかし骨量の減少は日常生活では気がつきませんので、骨密度検査を受けるまで明らかではありません。今ある骨量を維持する、少しでも増やすような治療(生活介入)を行います。
この時期におすすめの治療
今までの食生活、日常生活を見直す機会にして下さい。多くの場合、徐々に体重も増加し中年以降肥満になりやすい年代でもあります。正しい食生活とともに継続してできる運動習慣(テニス、ウォーキング、ジョギング、水泳など)を早めに身につけておくことが大切です。

50代で閉経を迎え急激に骨が減り、骨粗鬆症になった場合

更年期症状が見られたり、何かと憂鬱な時期に、骨粗鬆症という診断を受けたら誰でも不安になります。ですが、誰でも閉経後10年間は骨量の減少が著しい時期です。この時期に骨量をなるべく減少させないことが、その後の骨折を防ぐためにも重要です。
この時期におすすめの治療
骨吸収が盛んになっているので骨吸収抑制剤(エストロゲン製剤、選択的エストロゲン受容体モジュレーター、ビスホスホネート製剤など)が使用されることが多いようです。効率よくカルシウムを摂取し、適度な運動、日光浴が大切です。閉経前後の更年期障害にはエストロゲン製剤が有用ですが、虚血性心疾患や脳卒中、乳癌などの危険性を増大させる場合があるので注意して使用する必要があります。またエストロゲン補充療法を行っている場合には、定期的な婦人科検診が必要です。

60代以降に骨粗鬆症になった場合

誰でも骨量は加齢と共に減少しますが、老化現象とばかり言っていられません。転んで手をついただけで骨折しやすくなっています。手や足のどの部分を骨折しても、不自由になります。少しでも骨折を予防する上でも今の骨量を維持し、転ばないように体のバランスを保持する能力を維持することが大切です。
この時期におすすめの治療
骨吸収抑制剤のほかに、カルシウムバランスの是正や骨形成促進作用を期待して、活性型ビタミンD製剤、ビタミンK製剤が有効と考えられます。骨の治療と共に、無理のない程度に、転倒を予防するようなバランス運動、ストレッチ運動もやりましょう。また不幸にして骨粗鬆症と診断されたら骨折抑制効果を持つ新世代ビスホスホネート製剤あるいは選択的エストロゲン受容体モジュレーターの使用が望ましいと考えられます。


(監修 / 和田誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長)

後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai