関節痛〜ひざ・肩〜

関節痛の治療と薬剤

注射のイラスト 1. 関節内注入薬
(A)ヒアルロン酸ナトリウム
(B)ステロイド剤
錠剤のイラスト 2. 抗炎症薬
(A)ステロイド製剤
(B)非ステロイド性抗炎症薬(消炎鎮痛剤)

 

1. 関節内注入薬

(A)ヒアルロン酸ナトリウム
用法: 変形性ひざ関節症の場合、基本的に1週間に1回、5週間にわたり5回ほど、ひざ関節内に注入します。
効果: ヒアルロン酸ナトリウムの注入により約70%の患者さんで関節痛や腫脹などが改善することが知られています。基礎的な研究では、この注入により関節の動きが滑らかになって関節の動きが大きくなることや、実際に関節軟骨が修復されていくことが確認されています。
副作用: 最も注意が必要なのは注射後の感染症です。これは、細菌が注射の部位から関節内に侵入して生じます。注射後にひざ関節の強い痛みや腫れが出た場合には、直ぐに医師に報告することが大切です。注射後に不潔な手で触ったり揉んだりしてはいけませんし、注射した日の入浴も原則控えてください。その他、注射部位の痛みや肝臓機能の異常を生ずることもあります。また、稀ですが薬のアレルギー反応によりショック症状をおこすことがありますから、薬のアレルギーがある人はあらかじめ医師に相談してください。

(B)ステロイド剤
(一般名:トリアムシノロンアセトニド、リン酸ベタメタゾンナトリウム、酢酸コルチゾン、リン酸デキサメタゾンナトリウム)
効果: 内服薬で改善しない関節炎に対してステロイド剤を注入しますと劇的に症状がよくなることがあります。注入の頻度は2~4週に1回で、関節の大きさに応じて投与量を変えて、プレドニン量として1回に5~40mgを注射します。
副作用:

大量に頻回注射をしますとステロイド剤そのものの副作用、例えば骨が弱くなる、皮下脂肪が増えたり満月様の顔になる、からだに抵抗力がなくなり感染しやすくなる、などが生じます。その他、関節内に細菌が混入して化膿する、薬の効果で関節が痛みを感じなくなるために無理なひざの使用によって軟骨や骨が壊れる、といった副作用も生じます。

このことから、ステロイド剤の関節内注入は非常に有効といえますが、やむをえない場合を除いてあまり多く実施しないといった医師が増えています。


( 監修 / 大森 豪 先生:新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai