関節痛〜ひざ・肩〜

五十肩(肩関節周囲炎)の症状

どんな人が五十肩(肩関節周囲炎)になりやすいの?

このような人・タイプに多く発症しています。
年齢:50~65歳
性別:女性より男性
職業:事務職、特に管理職
疾病:頸椎疾患、肺疾患、糖尿病との合併が多い

五十肩(肩関節周囲炎)はどんな症状を起こすの?


急性期=もっとも疼痛が強く現れる
痛む部位
痛む部位:三角筋部・上腕の外側・肘関節撓側
運動時痛
衣服の着脱、入浴(体や髪を洗う時)、トイレ、高所のものを取る時
安静時痛
特に夜間、血液循環障害により症状が悪化、睡眠障害をきたすことが多い。寝ている時は、上腕骨の肩峰下滑動機構に長時間圧力が加わることで、痛みが強くなる。起き上がって座位で腕を下げておくとよい。
・痛みにより肩の動きは著しく制限される

慢性期=疼痛は軽快しているが拘縮は残っている
運動時痛
肩の後面部や前面部に強く、髪をとかす、紐や帯を結ぶなどの動作が妨げられる
・運動制限(可動域制限)が顕著
・三角筋、棘下筋などに多く廃用性筋萎縮がおこる

回復期=関節可動域が改善する
・拘縮が自然に徐々に改善し、これに伴い疼痛や不快感が減少する
( 監修:斎藤 明義先生/元日本大学医学部整形外科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai