関節痛〜ひざ・肩〜

変形性ひざ関節症の治療方針

変形性ひざ関節症は、ひざの関節軟骨が加齢のため変形して壊れ、炎症を起こして痛みの出てくる病気で、毎年90万もの人が発症しているといわれます。加齢とともに増加し、また性別では女性に多く見られます。変形性ひざ関節症の治療の目標は次の2つです。
1)発症や進行をできるだけ遅らせること
2)日常生活に支障をきたす症状(痛みや腫れ、曲げ伸ばしの不自由さ)を改善すること

診断・治療は1人1人異なる

変形性ひざ関節症の進行度はレントゲン(X線)の分類で、I度~Ⅳ度の4段階で表されます。しかし、年齢や性別、筋力、生活様式など1人ひとり異なりますので、進行度のみで画一的に治療法を決めることは難しく、個別の対応が必要となります。

治療法は保存と手術の2つ

変形性ひざ関節症の治療は大きく保存療法と手術療法の2つに分けられます。治療の目的は軟骨の変形の進行を抑えると共に、痛みを抑えて日常生活に不自由のないようにすることです。そのため、まず保存療法を行って症状の軽減を図ります。保存療法を行ったにもかかわらず、十分な効果が現れず症状が悪化してしまったような場合に手術療法が検討されます。

治療法イラスト

保存療法には(1)生活指導、(2)運動療法、(3)物理療法、(4)装具療法、 (5)薬物療法があります。これらの療法は初期から症状に合わせて選択され、必要に応じて組み合わせて行われます。

手術療法には、(1)関節鏡視下手術、(2)高位脛骨骨切り術、(3)人工関節置換術があります。手術にあたっては、その効果、危険性、手術費用、入院期間、手術後のリハビリテーションの内容など、主治医とよく相談したうえで決めることが大切です。

(監修 / 菊池 啓 先生:近畿大学医学部堺病院 整形外科)
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai