関節痛〜ひざ・肩〜

変形性ひざ関節症の保存療法:装具療法

治療方法の図変形性ひざ関節症の治療方法には、大きく分けて保存療法手術療法の2つがあります。保存療法にはリハビリテーション装具療法物理療法、薬物療法があり、これらを組み合わせて行われます。手術療法は、保存療法で効果が得られない場合に選択されますが、この数は決して多くはありません。変形性ひざ関節症は、加齢による関節の変化が主因なので、関節の機能を維持しようとする患者さん自身の気持ちとがんばりがとても大切です。

装具療法

装具の目的はひざ関節にかかる負担を軽くすることと関節を安定化させることです。装具には次のようなものがあります。

サポーターの写真 サポーター
サポーターは自分で手軽に購入することができますが、サポーター自体にはひざ関節の負担の軽減や関節の安定化作用は大きくありません。サポーターは装着したときに感ずる安定感と関節の保温効果がおもな働きです。
足底板の写真 足底板
足底板は靴の中に入れたり足に直接つけたりする装具で、O脚を若干矯正することにより立ったり歩いたりする時にひざの内側にかかる負担を減らして痛みを和らげることを目的としています。変形性ひざ関節症の初期から中期で変形がそれほど強くない時期に有効です。
機能性ひざ装具の写真 機能的ひざ装具
機能的ひざ装具はプラスチックや金属の枠組みでつくられた装具でひざ関節の安定性を高めることで痛みを和らげることを目的としています。簡単な装具の場合、取り外しは簡単ですが関節の安定効果は高くありません。逆に大掛かりな装具は関節を安定化させる効果は高いのですが取り外しがやや面倒であり、費用もかさみます。
杖の写真
体重を分散させるので、歩くときにひざの痛みが緩和されますし、転倒防止にもなります。ひざだけでなく立ったり歩いたりする時の脚全体にかかる負担を軽減し安定性を高めます。杖には松葉杖やさまざまな種類のものがありますが、日常生活ではT字杖が使用されます。

( 監修 / 大森 豪 先生:新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai