関節痛〜ひざ・肩〜

変形性ひざ関節症の保存療法:物理療法

治療方法の図変形性ひざ関節症の治療方法には、大きく分けて保存療法手術療法の2つがあります。保存療法にはリハビリテーション装具療法物理療法、薬物療法があり、これらを組み合わせて行われます。手術療法は、保存療法で効果が得られない場合に選択されますが、この数は決して多くはありません。変形性ひざ関節症は、加齢による関節の変化が主因なので、関節の機能を維持しようとする患者さん自身の気持ちとがんばりがとても大切です。

物理療法

関節や筋肉の痛みがある部分(患部)に、熱や電気、氷などの物理的な刺激をくわえて治す治療方法を「物理療法」といいます。患部を温めることで血行を良くして痛みをやわらげたり関節や筋肉の硬さをほぐしたりする「温熱療法」と冷やすことで腫れを引かせ痛みをやわらげる「寒冷療法」があります。一般的に変形性ひざ関節症の治療では、慢性の痛み曲げ伸ばしの訓練(可動域訓練)のときには、温める方が良いことが多く、関節の腫れや熱感があるときには炎症症状を改善させる意味で冷やす方がおすすめです。

( 監修 / 大森 豪 先生:新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai