関節痛〜ひざ・肩〜

ひざの構造はどうなっているの?

ひざ関節は身体のなかで一番大きな関節で、「太もも」(大腿骨:だいたいこつ)と「すね」(脛骨:けいこつ)の継ぎ目にあたり、さらに「お皿」と言われている膝蓋骨(しつがいこつ)の3つの骨から成り立っています。
大腿骨と脛骨、膝蓋骨と大腿骨の接触面(関節面)は関節軟骨(かんせつなんこつ)というクッションで覆われており、大腿骨と脛骨の関節面にはさらに半月板(はんげつばん)という三日月形のもう1つのクッションがあります。

ひざの内部構造

そのほか、大腿骨と脛骨の間には靭帯(じんたい)といわれるひもが4本張っていて、この靭帯によりひざ関節の前後左右の安定性が保たれています。また、ひざを曲げ伸ばしする働きは筋肉や腱(けん)によって行われており、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)や膝蓋腱(しつがいけん)はひざを伸ばす働きを、膝屈筋(ひざくっきん)はひざを曲げる働きを担っています。
さらに、ひざ関節全体は滑膜(かつまく)という薄い膜で裏打ちされた関節包(かんせつほう)という袋に包まれています。滑膜では関節液(かんせつえき)がつくられ、ひざの滑らかな動きや関節軟骨の栄養に大切な役割を果たしています。

ひざの内部構造
( 監修 / 大森 豪 先生:新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai