インタビュー

RICHBONE15周年スペシャルインタビュー(2)

林泰史先生
RICHBONE総アドバイザー
(はやし やすふみ)先生

原宿リハビリテーション病院 名誉院長

日本の高齢化の進展、医学の進歩、情報化の発展など、骨や関節などRICHBONEをとりまく環境が変化してきました。 開設当初より、アドバイザーとして15年間RICHBONEサイトをサポートしてくださいました林泰史先生に、これまでの変化と骨粗鬆症や変形性ひざ関節症の治療と予防の最新事情、今後についてお話をうかがいました。

骨粗鬆症の治療について教えてください。

骨粗鬆症治療の目的―再骨折予防のための骨粗鬆症リエゾンサービス®が始動

骨粗鬆症の治療目的が骨折予防であることは、従来から変わっていません。骨量増加や骨質改善、転倒予防などは、丈夫な折れない骨づくりをする、転倒による骨折を予防するための対策です。 近年は、骨折しやすい人の特徴が明らかになり、骨折の危険性が高い人に対していかに骨折を防ぐかがポイントになってきました。
骨折しやすい人の特徴の1つめは、過去に骨折をしたことのある人であるということです。骨折した人の半分は過去に骨折をしたことがある方々ですが、これは骨粗鬆症患者の16%にあたります。2つめは、骨折の中でも特に大腿骨近位部骨折(足のつけ根の骨折)をしたことのある人が挙げられます。実はこのような人は一般の人よりも再骨折する確率が4倍高くなってしまいます。
足のつけ根の骨折は、この10年間で約1.5倍に増加しており、特に80歳代以上の高齢者での増加が顕著です。要介護者の80%以上は75歳以上の後期高齢者です。高齢者の足のつけ根の骨折は寝たきり、介護の原因になりますので、高齢な方ほど、骨折対策が重要であることがお分かりいただけると思います。

大腿骨近位部(足の付け根)骨折新患者数の増加率の変化

Osteoporos Int. 2016 Jan 5. [Epub ahead of print] Hip fracture incidence in Japan:
Estimates of new patients in 2012 and 25-year trends.

骨粗鬆症治療においては薬をきちんと飲み続けることがたいへん重要ですので、これらの薬の服用については数多くの研究がなされています。その結果ここ数年で、治療薬の種類だけでなく服薬方法のバリエーションも広がり、骨粗鬆症の薬物療法は大きな発展を遂げています。

薬は服用しなければ効果がありませんが、骨粗鬆症治療は薬による効果を実感しにくいためか、患者さんが自己判断で服薬を中止することが少なくありません。骨粗鬆症の治療薬の効果を得るには、少なくとも服薬率が80%は必要であるとの研究もあります。この点からも処方されたお薬は必ず服用を続けるようにして欲しいです。

骨粗鬆症による骨折を防ぐための取り組みとして、日本骨粗鬆症学会では「骨粗鬆症リエゾンサービス」の一環として「骨粗鬆症マネージャー®制度」を2014年から開始しました。これは、初めての骨折を防ぐための取り組みや骨折治療後の再骨折を防ぐための取り組みを医師、看護師、理学療法士、栄養士など多職種な医療従事者が連携しながら行うものです。病院や診療所が連携しながら骨粗鬆症の治療の推進を行い、運動や生活習慣の指導を進めるなど多職種が連携することによって骨粗鬆症の予防と骨折防止を目指しています。


後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai