豊かな骨推進委員会

「豊かな骨推進委員会」とは?

「豊かな骨推進委員会」の目指すところ。

日本人の平均寿命は伸長し、長寿世界一とも言われています。では、健康寿命はどうでしょうか。特に女性は平均寿命が長い分、老年期の障害期間も長くなる傾向がみられます。

ひとつには、女性の健康は女性ホルモンの影響を受けやすく、女性ホルモンの減少から病気になったり、QOL(クオリティ オブ ライフ:生活の質)を下げる症状が多くなったりします。
このような問題と関係が深いのが「骨粗鬆症」。予備軍を含めて1000万人ともいわれています。骨粗鬆症になると、転倒やちょっとしたことで骨折しやすくなり、ひどい場合にはそれが原因で寝たきりになってしまいます。
しかし、骨粗鬆症は、よりよい生活習慣を心がけることによってある程度予防ができるだけでなく、ダイエットや閉経の影響などで骨密度が低下してしまった場合でも適切な処置によって骨粗鬆症への進行を防ぐことができます。さらに、高齢で骨粗鬆症と診断されたとしても、的確な治療と、転倒しないように運動能力を維持することで、骨折や寝たきりを防げるのです。

中高年以降の女性に多い病気のもうひとつは「変形性ひざ関節症」などの関節痛。ひざの痛みは、肥満や筋力の低下によりひざ関節の負担が大きくなったり、長年の生活によって関節軟骨がすり減ったりすることでおこります。「ひざが痛いのは、年齢のせい」とあきらめて、痛くても治療をせずにいると症状はますます悪化してしまいます。
75歳以上の高齢者で、5人に1人は変形性ひざ関節症などの関節疾患によって要支援者となっていることからもわかるように、ひざなどの関節の痛みは決して軽く見てはいけない病気です。いつまでも自分の足で歩けることは、QOLを維持するための前提でもあります。日頃から自分の足腰に注意を払い、痛みなどがあれば専門家の指導のもと悪化させない対策をとることが肝心です。

つまり、自分の年代や症状にあった骨の守り方=予防や治療、対処方法を選ぶことが QOLの向上につながるといえます。

『豊かな骨推進委員会』は、「QOLに大きくかかわる骨粗鬆症および骨を含めた体づくりへの関心を高め、骨の健康の重要性に気づいてもらう」ことを目的として、2001年に発足いたしました。 その後、発信情報の範囲をひざや肩などの関節領域の痛みに広げ、『骨と関節の総合情報サイト』として情報発信を中心に活動しています。

活動内容

一般人、メディアへの骨粗鬆症および関節痛啓発活動
キャンペーン活動
セミナーの開催
教育資料の制作・販売
調査研究
検診・受診機関紹介

豊かな骨推進委員会事務局

(株)朝日エルの事業の一環として、保健・医療・福祉分野に携わるメンバーを中心に企画・運営しております。

▼事務局住所・連絡先
〒104-0045 東京都中央区築地2-12-10 築地MFビル26号館 5階
電話&FAX 03(3248)5466
e-mail:richbone@ellesnet.co.jp
※このサイトに関するご意見・ご感想をお寄せください。


※ただし、医療行為ではございませんので、症状や病気についてのご相談にはお答えできません。何卒ご了承ください。

アドバイザー・監修

このホームページの内容は、アドバイザーの先生にご意見を伺ったうえで構成しております。また、掲載内容については、下記の先生方にご監修をいただいております。

▼アドバイザー(敬称略)
総アドバイザー:(原宿リハビリテーション病院 名誉院長)
骨編:萩野 浩(鳥取大学医学部保健学科 教授)
関節編:大森 豪 (新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科 教授)
転倒予防編:武藤芳照 (日本転倒予防学会 理事長、学校法人日本体育大学日体大総合研究所 所長、日本体育大学 特別招聘教授)
▼監修:骨編(アイウエオ順、敬称略)
赤津拓彦 (並木病院 院長)
井上大輔 (帝京大学ちば総合医療センター第三内科 准教授)
重松 隆 (和歌山県立医科大学腎臓内科・血液浄化センター)
末原紀美代 (兵庫医療大学看護学部 教授)
高田信二郎 (徳島大学医学部整形外科)
茶木 修 (横浜労災病院産婦人科)
塚本雄介 (板橋中央総合病院、腎臓ネット代表)
時田章史 (時田げんきクリニック 院長)
細井孝之 (健康院クリニック 副院長)
堀口貞夫 (主婦会館クリニック(からだと心の診療室))
堀口雅子 (主婦会館クリニック(からだと心の診療室)、女性成人病クリニック  副院長)
本田佳子 (女子栄養大学栄養学部 教授)
和田誠基 (武蔵藤沢セントラルクリニック 院長)
▼監修:転倒予防編

転倒予防医学研究会現 日本転倒予防学会)

▼監修:関節編(敬称略)
大森 豪 (新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科 教授)
菊池 啓 (近畿大学医学部堺病院 整形外科部長 教授 副院長)
斎藤明義 (元日本大学医学部整形外科 教授)
千田益生 (岡山大学病院総合リハビリテーション部 教授)
星川吉光 (聖路加国際病院 整形外科部長)

※2012年5月現在

このホームページでは、常用漢字/当用漢字を使用しております。該当する文字がない場合には、ひらがな表記となっております。あらかじめご了承ください。
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai